彦根仏壇の産地より全国の皆様へお届けします。国産こだわり仏壇の井上仏壇

金箔の押し方の違い

  • HOME »
  • 金箔の押し方の違い

金箔の押し方の違い

天然漆での金箔押し代用液での金箔押し
成分金箔押し用天然漆をそのまま使用Zブラック(商品名)などをホワイトガソリンでうすめて代用液をつくる
乾燥温度25℃・湿度80%で24時間以上 むろ(密閉された物入れ)に入れ、しっかり乾燥させる自然乾燥で徐々にゆっくり乾燥
季節にもよるがしっかり乾くのに、48時間以上かかる
はげやすさ乾くと密着が良くはげにくい比較的はげやすい
色艶落ち着いた金箔本来の色艶が表現される比較的ピカピカした色艶になる
金箔押し技術漆の調合や漆ふき取り具合など熟練した技術が必要比較的手軽に金箔を押すことが出来る
主な用途高級仏壇、屏風、国宝の修復等量産仏壇、工芸品等
相性縁付け金箔と良い断ち切り金箔と良い
金箔押し工程数多い少ない
金箔押し代金高い安い
金箔押しの割合希少価値あり
小売店にはほとんど展示していない
大多数のお仏壇が使用
現在一般的な金箔押し方法になっている

天然漆での金箔押し 作業風景

PAGETOP