こだわり手造り仏壇 / 井上仏壇

仏壇の中身を見分ける魔法の質問

  • HOME »
  • 仏壇の中身を見分ける魔法の質問

何も知識もなくお仏壇の中身を簡単に見分ける3つの魔法の質問

お仏壇は、高額な買い物です。その価格と品質のバランスに納得して買いたいと思うのは当然です。見た目以上に完成してしまうとわかりにくい中身(材料、仕上げ方、手間のかけ方)の説明がないとなぜお仏壇が高いのかという疑問を晴らすことはできないでしょう。しかし、小売店へ行くと店員さんは、その大事な中身の説明は一切なく、住所と予算をしつこく聞いてきます。唯一頼りの値段も、その価格で売る気がない正札からの値引き合戦で、本当の売り値がわからないのが現状です。また、営業マンの執拗な訪問に負けて購入する方もあるようです。皆さん、強い不安・不満を感じながら、見た目や義理人情だけでお仏壇を選ぼうとしていませんか!

1.合板(ベニヤ板)は、どこに使っていますか?

お客様には、合板に対して根強い抵抗感があるようです。合板は、反りや割れに強いという長所もありますが、どこに使っているのか気になるところです。詳しくどこに使っているのか聞きましょう。

一般的には高額になるにつれて、合板の使用は減っていきます。お仏壇を造っているからわかるのですが、最初に天然無垢材を使用するのは、塗らない箇所です。ですから、引出の裏側などの塗らない箇所が合板の場合は、塗ってわからない箇所も合板だと思っても間違いはないでしょう。桧合板という薄くスライスした桧を貼った合板もありますのでご注意ください。

板はすべて合板というのは、やはり高い買い物ですから見た目がいくら良くてもおすすめはできません。海外製は海外の粗悪な合板を使用している場合がありますので特におすすめできません。

そこでお客様に強い味方!彦根仏壇組合合格壇、伝統的工芸品は、品質基準で材料をきびしく決められています。当店の伝統的工芸品は、原則合板不使用の総無垢材です。お客様にわかりやすい中身を安心して頂ける規格仏壇なのです。合板が使っていないお仏壇をお探しなら伝統的工芸品に合格したお仏壇をおすすめします。当店は、安易に加工しやすい合板に走るのではなく、予算の許す限り敢えて扱いにくい無垢材を使ってお客様に私どもの技術の高さやポリシーを示していきたいと思います。

2.塗りは天然漆手塗りですか?

お客様には、合板に対して根仏壇の塗りはすべて漆ではないの?というお客様が依然多いようです。しかし、現在ほとんどのお仏壇に天然漆は塗っていません!ご存じでしたか?天然漆の代わりに代用塗料をシンナーで薄めてスプレー塗装しています。天然漆独特の色艶・耐久性に勝るものはありません。天然漆手塗りのお仏壇をおすすめします。海外製は、すべて代用塗料のスプレー塗りです。

しかし、残念なことにお客様が天然漆か代用塗料か見分けることは非常に難しいです。天然漆は、上手に塗るのが大変難しく技術を必要としますが、独特の色艶・耐久性に勝るものはありません。塗り・金箔にこだわりがあるお客様には天然漆手塗りのお仏壇をおすすめします。彦根仏壇組合合格壇、伝統的工芸品は、品質基準で天然漆手塗りと決められています。ですから、もちろんそれに合格しているお仏壇は天然漆塗り手塗りです。当店には、腕の良い漆塗り職人がいます。塗りの良さをあなたの目でお確かめください。

3.金箔は縁付け金箔(えんづけきんぱく)を使っていますか?
天然漆での金箔押し・金粉蒔きですか?

同じ本金箔でも大きな差があります。ピカピカのまぶしいお仏壇は、皆様、安く見えるので敬遠されます。それは、断ち切り金箔を代用箔押し液で金箔押ししているからです。縁付け金箔を天然漆で金箔押しすれば、金箔本来の落ち着いた輝きになります。高級手造り金箔である縁付け金箔を使っているお仏壇をおすすめします。

海外製は、すべて断ち切り金箔を使用しています。金箔押し・金粉蒔き方には、伝統的な天然漆で押す方法とブラックなどの天然漆の代用箔押し液で行う効率的な方法があります。天然漆で金箔を押すと金箔本来の落ち着いた輝きになりしかもはげにくいという特性があります。一方、代用液で金箔を押すとピカピカした感じになりそして、はげやすい特徴があります。天然漆で金粉を蒔くと金粉本来の艶消し色になりますが、多くの金粉を使用します。一方、代用液で金粉を蒔くと金箔と艶消し色の間くらいの色になり、少ない金粉で済みます。長い目で見れば、国宝や文化財もそうであるように天然漆での金箔押し・金粉蒔きのお仏壇をおすすめします。

お仏壇の塗りが天然漆の場合は、天然漆での金箔押し・金粉蒔きが、代用塗料の場合は、代用液での金箔押し・金粉蒔きが、相性がよいため一般的です。よって、お仏壇が天然漆手塗りであると天然漆での金箔押し・金粉蒔きになると思って間違いないでしょう。詳しい天然漆での金箔押し・金粉蒔きの工程は、ぜひこちら(金箔押しの工程・金粉蒔きの工程)をご覧下さい。

彦根仏壇組合合格壇、伝統的工芸品は、品質基準で縁付け金箔と天然漆で金箔押しと決められています。当店の4尺仏壇すべての主要部分は縁付け金箔を天然漆で金箔押ししています。お洗濯もお値打ちコース以外は縁付け金箔を使っています。金沢の縁付け金箔職人(株)中村製箔所等から直接良質の金箔を安く仕入れています。
※産地彦根では金箔を塗り上がった部分に貼り付けることを、金箔を押すと言います。

 

掛け値に注意!

掛け値とは、値引きを予想してあらかじめ最終販売価格に何割か上乗せした値段。見せかけだけの大幅値引きが可能となります。
絶対にだまされてはいけません。お店によっては多くの掛け値がしてあります。大きく値引きをしてもらうと、安くなった感じはしますが、本当の最終販売価格で購入したのかわからず不安です。安く買ったつもりが、高く買っているかもしれません。誰も値段のかけひきや腹のさぐりあいはしたくありませんし、そんなお店はおすすめできません。値引きを簡単にするお店は品質に自信がない証拠です。価格しか他店と勝負できないのです。

職人さんが丹誠込めて造った「こだわり手造り仏壇」を直接お届けしているので、掛け値なしの精一杯の正直価格をつけています。品質と価格のバランスには自信を持っています。正直価格からの値引きは、何卒ご容赦ください。

PAGETOP
Copyright © こだわり手造り仏壇 / 井上仏壇 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.