ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

日本を代表する産地彦根で、こだわりの手造り仏壇を製造しております、井上仏壇の井上昌一と申します。

彦根市のお客様より、お仏壇のお買い換えをいただきましたのでご紹介いたします。

 

彦根市のお客様 浄土真宗本願寺派(お西) 20号(半間仏間用)の金仏壇

 

彦根市のお客様より、お仏壇のお買い換えをいただきました。ご連絡をいただいた当初は、「家を建て替えるので、お仏壇を移動してほしい」というご依頼で、費用等をご案内して、建て替え前のご自宅へ伺いました。

実際に行ってみると、思っていたよりも古いお仏壇で、150年くらいは経っているのではないかと思われました。かなり古いお仏壇なので、私どもプロの手で移動しても、移動に耐えられず壊れてしまう可能性もあります。事前にそのことをお伝えし、あわせて一つの方法として、お仏壇を買い換えることもご提案させていただきました。
古いお仏壇は修理やお洗濯という方法もありますが、それなりに費用もかかってきます。お客様は急なことで悩まれていましたが、色々とご説明するとお買い換えの方向で考えてくださいました。仏間からお仏壇を出して、後方など普段は見えないところも見てみるとやはりかなり傷んでいる状態でした。お客様も実際にそれをご覧になって、今後のことを考え、買い替えた方が良いと判断されたようです。

お客様のご希望で、その場で古いお仏壇をお引き取りさせていただきました。また、急なタイミングにもかかわらず、その日のうちにお店までお越しになって、新しいお仏壇はどんなものがよいか、早速ご覧くださいました。結果、せっかく買い替えるのなら小型でお参りのしやすいものにしたいということで、90cmくらいの幅のあった古いお仏壇に対して、新しいお仏壇は半間仏間用のコンパクトなものをお選びになりました。

その後、選ばれたお仏壇のサイズに合わせて新築されるご自宅の仏間を設計していただいて、新しいご自宅の完成にあわせてのご納品となりました。

 

こちらは納品前のお仏壇です。今回は掛け軸も新調いただき、実際に納品する前に掛軸をかけて高さの調整をしました。浄土真宗本願寺派(お西)のお仏壇で、中央の掛け軸は阿弥陀如来、右が親鸞上人、左が蓮如上人です。周りの表装の赤い部分・紺色の部分にはお西の紋が入っています。お西では、ご本尊を仏像にされる方もいらっしゃいますが、多くの方は掛け軸を選ばれます。

 

納品時の様子です。仏間の幅や高さを指定して作ってもらったので、お仏壇にぴったりのサイズ、20号(半間仏間用)のお仏壇になります。

「20号」は、お仏壇の扉を閉めた際の横幅(戸幅)が約60cm=2尺のお仏壇です。一般的にお仏壇の幅(サイズ)は、18号・20号・22号のように2寸刻みとなっています。これに対して仏間のサイズは、お仏壇の一番張っている箇所(お仏壇の上下)より、左右合わせてプラス15cmくらいを仏間の内幅と考えるとちょうど良いです。また、高さはお仏壇によって少しずつ違います。
すでにある仏間に対してどのサイズのお仏壇が良いか悩まれた時や逆に建て替えなどで仏間を新しく作られる時にご参考ください。もちろん、ご相談いただければ状況やご希望に合わせてこちらからご案内させていただきますし、ご不安であれば伺って採寸することもできますので、まずはどうぞご相談ください^^

 

上部の前狭間は、牡丹と唐草の彫刻です。お西の正式な仏具を揃えさせていただきました。両脇に下がっているのは輪灯(りんとう)という吊り仏具です。すべて金メッキ加工をしていますので、お磨きは不要です。昔は真鍮のままでしたので、時間が経つと色が黒くなってしまうために磨いてお手入れをしなくてはいけませんでしたが、金メッキ加工であればそうしたお手入れが必要ありません。お蝋燭や明かりは、安全で長持ちのLEDです。

 

引き戸と下の引き出しの蒔絵は、水紋と紅葉、桜のモチーフです。こちらのお仏壇に標準でついているものです。

 

日々お参りする際には、こちらの経机で実際にお線香・蝋燭に火をつけてお参りいただけます。お仏壇内部はすべてLEDなので安全で、かつ灰や油煙などで汚れることはありません。赤いお蝋燭は、最初にお仏壇にお性根を入れる際に使用するもので、こちらでご用意いたしました。

 

新しく作られた仏間には、このようにぴったり収まりました。コンパクトですっきりしています。

 

今回は、当初のお仏壇の移動のご依頼から、急遽お買い換えいただくことになったという珍しいケースでした。長い間大切にされてきたお仏壇を買い替えるのはとても大きな決断だったと思いますが、実際にプロの目でお仏壇の状態をきちんと確認してお伝えすると、こちらのご提案をじっくり聞いてくださり、十分ご納得の上でお買い換えを決めてくださいました。急なことではありましたが、ご自宅の新築のタイミングに合わせたことで、仏間幅の変更が可能となり小さいお仏壇になりました。この先また100年と末永く安心してお参りいただけるようになって本当に良かったと思います。

このたびは、ご新築おめでとうございます。寄せてくださったお声で、「安心してまかせられる」とおっしゃっていただけたこと、大変励みになります。これからもお客様から安心してお任せいただけるよう、誠実に丁寧に努めてまいります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お客様のお声はこちらでご紹介しています⇒