ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

日本を代表する産地彦根で、こだわりの手造り仏壇を製造しております、井上仏壇の井上昌一と申します。近江八幡市のお客様宅にて、ご自宅の建て替えに伴う紫檀系お仏壇への買い替えと仏像の修理をさせていただきました。そのときの様子をご紹介いたします。

 

【完成時の様子】

今回のお客様は、知り合いの方からのご紹介で当社にご来店くださった、ご高齢のお母様とその息子様ご夫婦です。ご自宅に大きく立派なお仏壇をすでにお持ちでしたが、このたびご自宅の建て替えにあわせて、新しく建てられるご自宅の仏間にちょうど良いサイズのお仏壇に買い替えたいとお考えでした。

お母様は、お仏壇は買い替えても、ご先祖様から代々受け継いできたご本尊様である仏像は残したいとご希望でした。実際にご自宅にお邪魔して見せていただくと、通常より大きめの30センチ以上ある立派な仏像で、作りも仕上がりもとても良いものでした。新しく購入されたお仏壇は建て替えられるご自宅の仏間にはちょうど良いサイズでしたが、この仏像を安置しなくてはなりませんので、お仏壇に少し手を加えることになりました。

また、仏像には少し痛んでいるところもありましたので、こちらも修理します。

左が、手を加える前のお仏壇と、仏像です。このままではとうてい仏像を収められません・・・。ですので、奥の欄干の部分とその下の部分、2段を取り去って広くし、仏像が入る高さを確保しました。これで、大切に守ってこられた仏像を安置できるようになりました!

 

【修理前の仏像】

仏像の修理の様子です。仏像は、「仏身」(ぶっしん)、「光背」(こうはい)、台座の3つのパーツで構成されています。今回、お客様のご希望で、完全に新品のようにするのではなく、時間の経った風合いの良さを残したいとのことでしたので、仏身の方はあえて、埃を取ったり洗わせていただいたり、簡単な修理といった作業のみいたしました。

 

【修理後の仏像】

仏身の修理は、「白毫」(びゃくごう)といって眉間にあるお印が少し大きめだったので、通常の大きさのものと取り替えました。また、お顔の目や眉などをきれいに書き入れる面相書きをさせていただきました。今回はそれだけの作業で、金箔を打ち直したりといった作業はしていないのですが、すすけていた部分や油煙などが取れてこのようにきれいになりました!

光背と台座の部分については、金箔の下に塗られている漆はそのままで、金箔のみ打ち直しをしました。

 

お仏壇の改造と仏像の修理が出来上がりましたので、確認のため店の工房で、ご自宅で設置するときと同じように、仏像やご位牌・仏具をお仏壇の中に配置してみました。実は、ご位牌についてもすでにお持ちのものが大きめだったので、新しいお仏壇にあわせて小さめのものに変更することになっていました。ご位牌の種類は決まっていたのですが、寸法については、今回は仏像も大きめということもあり、出来上がったお仏壇に実際に入れてみて、バランスを見てから決めましょうとお話していました。ご自宅の建て替えの最中のお忙しいときでしたので、お客様へ画像を送って確認いただき、向かって一番左にある少し大きめのご位牌に決まりました。

 

こちらはお客様の新しく立て替えられるお宅の、仏間の状況を確認しに行ったときの写真です。ご自宅の方は完成直前ですが、念のため、仏間が予定通りの寸法でお仏壇がきちんと設置できるかを確認しました。

 

これはご納品の時です。「仕込み壇」などとも呼ばれるタイプのお仏壇で、扉を開いたときにも左右に出っ張るところがなく、すっきりと収まるので、スペースを有効利用できます。今回も、上下左右各3センチほどしか隙間がありません。実はここに収めるときも、間に毛布をかませて滑らせなくてはいけないほどぴったりの寸法でした。これほどぴったりなので、万が一にも仏間の寸法が違っていたら入らないということになりかねません。ですので、ご自宅の完成前に念のために仏間の寸法を確認しに行ったのです^^

 

納品して仏具等も飾らせていただきました。ご位牌は今回新しくしたもので、4本あります。後日お寺様が入れてくださるということです。

 

お仏壇の内部です。宗教は浄土宗で、両脇の掛け軸は、左が法然上人様、右が善導大師様です。その手前は仏飯を供える台、真ん中は過去帳、両サイドに果物を供える高杯(たかつき)、一番手前は蝋燭立て、香炉、花立てです。上から下がっているのは釣り灯篭と瓔珞(ようらく)という飾りです。

 

両脇に下がっているのは輪灯(りんとう)といいます。手前の布は打敷(うちしき:仏壇に飾る金襴で織られたきらびやかな三角や四角の布)です。

完成したお仏壇をご覧になって、ご先祖様から受け継いだ仏像がきれいになってびっくりされていました^^ お仏壇も新しいところにぴったりと収まり、希望通りになったと喜んでくださいました。

ご先祖様からの大きな立派なお仏壇を小型のものに替えるということは、お客様にとっては大変な決断だったと思います。ですが今回、一番大切なご本尊様をきれいに修理したことで、この先も子どもさんやお孫さんへと代々引き継がれていき、新しくなったご自宅とともにこれから何十年と、永く受け継いでいくことができるようになったことは、とてもすばらしいことだと思います。そのお手伝いができて大変うれしかったです。ありがとうございました。

今回のように、大きいお仏壇をお持ちで小さめのものに買い替えられる際、中の仏像が大きくて入らなくなる、ということはよくあります。今回はお客様がご先祖様からの仏像を残されることを強くご希望でしたので、お仏壇に手を入れて改造することで、ご希望を叶えられてよかったです。「こうしたいけど無理かな・・・」とあきらめずにご相談いただければ、できるかぎりご希望に沿うようにプロの目線でお手伝いしますので、安心してご相談いただきたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。